ページトップに戻る

秘密保持契約書

進行状況:
0%
?
X

一方当事者(以下「甲」といいます)の氏名・名称について、正式な名称を入力します。本契約において、秘密情報を開示する当事者が片方のみの場合は、必ずこの欄に開示する側の当事者の氏名・名称を入力し、「乙」の欄に開示を受ける側の当事者の氏名・名称を入力してください。

ヘルプが必要ですか
テンプレートを編集する

秘密保持契約書


 ________(所在地:________)(以下「」という)及び________(所在地:________)(以下「」という)は、甲又は乙が相手方に開示する秘密情報の取扱いについて、以下のとおり秘密保持契約(以下「本契約」という)を締結する。

第1条 (秘密情報)

1. 本契約における「秘密情報」とは、以下の目的(以下「本目的」という)のために甲又は乙が相手方に開示する以下の情報をいう。

「本目的」

甲乙間の取引開始の検討

「秘密情報」

本目的のために開示される技術上又は営業上の情報、本契約の存在及び内容その他一切の情報

2. 前項にかかわらず、開示を受けた当事者が書面による根拠をもって次の各号のいずれかに該当することを立証できる場合、次の各号の情報は、秘密情報に該当しないものとする。

(1) 開示を受けたときに既に保有していた情報

(2) 開示を受けたときに既に公知であった情報

(3) 開示を受けた後、秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報

(4) 開示を受けた後、開示を受けた情報に関係なく独自に取得し、又は開発した情報

(5) 開示を受けた後、自己の責めに帰し得ない事由により公知となった情報

第2条 (秘密情報の取扱い)

1. 甲及び乙は、相手方から開示を受けた秘密情報を、相手方の事前の書面による承諾なき限り、第三者に開示してはならない。事前の書面による承諾を得て開示した場合も、甲及び乙は、開示相手の第三者に本契約と同等の義務を負わせ、これを遵守させなければならない。

2. 前項にかかわらず、甲及び乙は、法令に基づき秘密情報の開示が義務付けられた場合には、事前に相手方に通知のうえ、相手方の指示のもと、秘密情報を開示することができる。

3. 第1項にかかわらず、甲及び乙は、本目的のために必要な範囲のみにおいて、自己の役員及び従業員、並びに弁護士、公認会計士、税理士その他のアドバイザーに対して、秘密情報を開示することができるものとする。この場合も、甲及び乙は、開示相手の役員や従業員、アドバイザーに本契約と同等の義務を負わせ、これを遵守させなければならない。

4. 甲及び乙は、相手方から開示を受けた秘密情報及び秘密情報を含む書面、記録媒体その他の物件(複写物及び複製物を含む。以下「秘密情報等」という)の取扱いについて、次の各号に定める事項を遵守する。

(1) 秘密情報等を、本目的以外の目的には使用しない。

(2) 秘密情報等を、善良なる管理者としての注意義務をもって厳重に保管、管理する。

(3) 秘密情報等を複製又は複写する場合には、本目的の範囲内に限って必要最小限の範囲内で行うものとする。

(4) 秘密情報等の漏えい、紛失、盗難、盗用等の事態が発生し、又はその恐れがあると知った場合には、直ちにその旨を相手方に通知する。

第3条 (返還又は破棄)

1. 甲及び乙は、相手方からの要求があった場合又は本契約終了等の理由により不要となった場合には、直ちに秘密情報等を相手方に返還又は破棄するものとする。

2. 前項に基づき秘密情報等が破棄された場合において、相手方が要求する場合には、破棄した当事者は、破棄されたことを証明する書面を相手方に対して交付するものとする。

第4条 (損害賠償)

  甲及び乙は、本契約に違反した場合には、当該違反に起因又は関連して相手方が被った損害を賠償するものとする。


第5条 (有効期限)

 本契約は本目的の存続する限り有効とする。ただし、第3条、第4条及び第7条の規定は、本契約終了後も有効に存続するものとする。


第6条 588522

588522258228222285885885222882255228288258288585282582525885582888888888


第7条 (準拠法・紛争処理)

 本契約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとする。本契約に起因又は関連して生じた紛争については、甲及び乙が誠実に協議して解決にあたるものとし、万一協議が調わない場合には、裁判管轄については民事訴訟法その他の関係法令に従うものとして裁判により解決するものとする。



58852225822822228588588522288225522828825828858528258252588558288888888888


本契約の締結日:_______________________

甲 ________

   ________  ㊞

   

乙 ________

   ________  ㊞

   

作成中の
文書を閲覧する

秘密保持契約書


 ________(所在地:________)(以下「」という)及び________(所在地:________)(以下「」という)は、甲又は乙が相手方に開示する秘密情報の取扱いについて、以下のとおり秘密保持契約(以下「本契約」という)を締結する。

第1条 (秘密情報)

1. 本契約における「秘密情報」とは、以下の目的(以下「本目的」という)のために甲又は乙が相手方に開示する以下の情報をいう。

「本目的」

甲乙間の取引開始の検討

「秘密情報」

本目的のために開示される技術上又は営業上の情報、本契約の存在及び内容その他一切の情報

2. 前項にかかわらず、開示を受けた当事者が書面による根拠をもって次の各号のいずれかに該当することを立証できる場合、次の各号の情報は、秘密情報に該当しないものとする。

(1) 開示を受けたときに既に保有していた情報

(2) 開示を受けたときに既に公知であった情報

(3) 開示を受けた後、秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報

(4) 開示を受けた後、開示を受けた情報に関係なく独自に取得し、又は開発した情報

(5) 開示を受けた後、自己の責めに帰し得ない事由により公知となった情報

第2条 (秘密情報の取扱い)

1. 甲及び乙は、相手方から開示を受けた秘密情報を、相手方の事前の書面による承諾なき限り、第三者に開示してはならない。事前の書面による承諾を得て開示した場合も、甲及び乙は、開示相手の第三者に本契約と同等の義務を負わせ、これを遵守させなければならない。

2. 前項にかかわらず、甲及び乙は、法令に基づき秘密情報の開示が義務付けられた場合には、事前に相手方に通知のうえ、相手方の指示のもと、秘密情報を開示することができる。

3. 第1項にかかわらず、甲及び乙は、本目的のために必要な範囲のみにおいて、自己の役員及び従業員、並びに弁護士、公認会計士、税理士その他のアドバイザーに対して、秘密情報を開示することができるものとする。この場合も、甲及び乙は、開示相手の役員や従業員、アドバイザーに本契約と同等の義務を負わせ、これを遵守させなければならない。

4. 甲及び乙は、相手方から開示を受けた秘密情報及び秘密情報を含む書面、記録媒体その他の物件(複写物及び複製物を含む。以下「秘密情報等」という)の取扱いについて、次の各号に定める事項を遵守する。

(1) 秘密情報等を、本目的以外の目的には使用しない。

(2) 秘密情報等を、善良なる管理者としての注意義務をもって厳重に保管、管理する。

(3) 秘密情報等を複製又は複写する場合には、本目的の範囲内に限って必要最小限の範囲内で行うものとする。

(4) 秘密情報等の漏えい、紛失、盗難、盗用等の事態が発生し、又はその恐れがあると知った場合には、直ちにその旨を相手方に通知する。

第3条 (返還又は破棄)

1. 甲及び乙は、相手方からの要求があった場合又は本契約終了等の理由により不要となった場合には、直ちに秘密情報等を相手方に返還又は破棄するものとする。

2. 前項に基づき秘密情報等が破棄された場合において、相手方が要求する場合には、破棄した当事者は、破棄されたことを証明する書面を相手方に対して交付するものとする。

第4条 (損害賠償)

  甲及び乙は、本契約に違反した場合には、当該違反に起因又は関連して相手方が被った損害を賠償するものとする。


第5条 (有効期限)

 本契約は本目的の存続する限り有効とする。ただし、第3条、第4条及び第7条の規定は、本契約終了後も有効に存続するものとする。


第6条 588522

588522258228222285885885222882255228288258288585282582525885582888888888


第7条 (準拠法・紛争処理)

 本契約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとする。本契約に起因又は関連して生じた紛争については、甲及び乙が誠実に協議して解決にあたるものとし、万一協議が調わない場合には、裁判管轄については民事訴訟法その他の関係法令に従うものとして裁判により解決するものとする。



58852225822822228588588522288225522828825828858528258252588558288888888888


本契約の締結日:_______________________

甲 ________

   ________  ㊞

   

乙 ________

   ________  ㊞