ページトップに戻る
秘密保持契約書 テンプレートに記入する

秘密保持契約書

最新の修正
最新の修正 2019年03月28日
形式
形式 WordとPDF
サイズ
サイズ 3から4ページ
テンプレートに記入する

テンプレートに関する情報

最新の修正: 2019年03月28日

サイズ: 3から4ページ

利用可能な形式: WordとPDF

テンプレートに記入する

どういう仕組ですか?

1. このテンプレートを選択する

「テンプレートに記入する」をクリックしてスタート

1 / このテンプレートを選択する

2. 文書に記入する

幾つかの質問に答えるだけでお客様の文書が自動的に作成されます。

2 / 文書に記入する

3. 保存-印刷

文書の準備が整いました! WordとPDF形式でお受け取りください。編集も可能です。

3 / 保存-印刷

秘密保持契約書

秘密保持契約書(NDA、守秘義務契約書などとも呼ばれます)は、特定の目的のために自己の秘密情報を開示する場合に、開示相手との間で締結する契約書をいいます。取引を開始するか否かの検討や、将来の取引の見積書作成のために、企業秘密や技術上の秘密を相手方に開示する必要がある場合に、相手方がそれらの秘密を保護することを誓約させるために締結されます。当事者の両方が秘密情報を開示する場合もあれば、一方当事者のみが開示する場合もあります。

秘密保持契約の下では、秘密情報の開示を受けた当事者は、秘密情報の第三者への開示の禁止、目的外利用の禁止、開示当事者の要請があった場合の秘密情報の返還・廃棄等の義務を負います。

本書類の使い方

上記のとおり、取引を開始するか否かの検討等に入る場合で秘密情報の開示を伴う場合に、本書類は利用されます。

本書類は、当事者の両方が秘密情報を開示する場合にも、一方当事者のみが開示する場合にも、両方対応しています。また、本書類は、会社又は個人の方の両方にお使いいただけるようになっております。

本書類に必要な情報(当事者の氏名・名称、秘密情報開示の目的、双方開示か否か、自己の役員・従業員への開示が予定されているか否か等)が入力されたら、プリントアウトし、双方当事者によって捺印されることで本書類は完成します。完成した本書類は、双方当事者が1通ずつ保管します。

準拠法

秘密保持契約書の一般的な準拠法は特にありません。ただし、秘密情報が不正競争防止法にいう「営業秘密」(秘密として管理されている生産方法、販売方法その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報であって、公然と知られていないもの)に該当する場合には、同法による保護を受けます。


テンプレートの変更の仕方

お客様はフォームに記入するだけです。文書はお客様の目の前で記入内容に応じて変化しながら編集されていきます。

最後に、文書をWordとPDF形式で受け取れます。 お客様自身で編集しまた再利用することができます。

テンプレートに記入する